シュトゥットガルト浅野、生活面の悩みの種はスピード?ピッチ外のジャガーぶりを封印

1
ブンデスリーガ2部シュトゥットガルトでプレーする日本代表FW浅野拓磨は、初めての海外生活にあたってどのような悩みを抱えているのだろうか。ドイツ紙『ビルト』のインタビューで、「オービス」に苦戦していると明かしている。

現地でも30m走は3.67秒といった速さで走り切り、日本では“ジャガー”と呼ばれることなどが紹介されてきた浅野だが、インタビューにも予定より10分早く登場。記事によると「気持ち良くオープンに」シュトゥットガルトでの最初の半年間を振り返ったとのこと。

http://ift.tt/2mkLTWi

続きを読む

フットカルチョ http://ift.tt/2ml47XT

126
-
Rates : 0