アーセナル“全権監督”体制が終了?ドイツで評価高める37歳の強化部長招聘を画策か

1
今季20年間獲得してきたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権を喪失する危機に立たされているアーセナルは、功労者のアーセン・ベンゲル監督の解任が浮上するなど、クラブは分岐点に立たされている。強豪再建に向けて、ブンデスリーガで躍進する奇跡の軍団をまとめる37歳の敏腕強化部長を招聘する可能性が浮上している。英地元紙「デイリー・ミラー」が報じた。

アーセナルはこれまで強化部長が存在せず、ベンゲル氏が全権監督としてチーム強化も進めてきた。だが、ここにきてクラブは強化部長の人選を進めており、ブンデスリーガ3位ホッフェンハイムで同職を務めるアレクサンダー・ローゼン氏の招聘に動いているという。

http://ift.tt/2pEGq0t

続きを読む

フットカルチョ http://ift.tt/2qFtWEm

87
-
Rates : 0