磐田・カミンスキーのファインプレー、なぜ一度PK判定に? 審判委員会がブリーフィングを開催

1

1日、日本サッカー協会審判委員会は、都内で「2017第3回JFAレフェリーブリーフィング」を開催。上川徹JFA審判委員会副委員長が出席し、レフェリングや判定についての理解を深めることを目的に、Jリーグやルヴァン杯の試合であった事象についての説明がなされた。

説明は実際の試合映像を使ったテスト形式で行われ、扱われたシーンはコンタクトプレー、ペナルティエリア内の事象、オフサイドの有無などに及んだ。実際の判定が正しい判定とは異なるシーンもあったが、オフサイドの見極めなど映像で繰り返し見てもわかりづらい判定を審判団が正しくジャッジしたケースもあった。

今回のブリーフィングでは珍しいシーンが取り上げられている。5月20日(土)のJ1第12節、ジュビロ磐田-柏レイソルの一戦で磐田のカミンスキーが見せたファインセーブのシーンだ。

柏レイソルMF武富孝介がDFラインの裏に抜け出したところで、飛び出した磐田GKのカミンスキー。クリーンにボールをかき出したように見えたが、レフェリーはPKを宣告した。頭を抱えるカミンスキーだったが、主審と副審の協議によって、PK判定は正しくないことが確認され、ドロップボールで試合はリスタートされた。

http://ift.tt/2rZ4DR4

続きを読む

フットカルチョ http://ift.tt/2qG2fdQ

92
-
Rates : 0