再起を誓う内田篤人、苦闘の2年間と新たなシーズンに懸ける想いとは

1

2015年3月7日――。内田篤人が最後にブンデスリーガのピッチに立ってから、約2年4カ月もの時間が経過した。2010年に鹿島アントラーズから加入して以降、シャルケの右サイドにはいつも内田の姿があった。正確なクロスと安定したプレー、そしてその好青年ぶりからサポーターに愛され、「ウッシー」の愛称で親しまれてきた。しかし、2014年2月に右ひざを痛めて戦線を離脱。一度は復帰を果たしたものの、再び悲鳴を上げた右ひざにメスを入れ、それからは長い長いリハビリ生活を続けてきた。

復帰を目指して臨んだ昨シーズンも遂にリーグ戦の出場は叶わず。もどかしい時間の連続だった。それでも昨年12月のヨーロッパリーグでは、7分間だけではあったものの、公式戦復帰を果たすという大きな一歩を歩んだ。迎える今シーズンはドイツでの8年目。チームの顔ぶれも大きく入れ替わり、新たな指揮官とともにリーグ戦を戦うことになる。失われてきたこの2シーズンを取り戻すべく、再起を誓う内田に今の想いを語ってもらった。

http://ift.tt/2u9tOSW

続きを読む

フットカルチョ http://ift.tt/2upUhXn

112
-
Rates : 0