プレミアに続きセリエAも「移籍期間短縮」か? 主要クラブ幹部が揃って賛同

1

プレミアリーグは現地時間9月7日、2018年夏の移籍マーケットをリーグ開幕前の8月9日に終了させると決めた。セリエAの主要クラブの幹部たちは、この決定に賛辞を寄せている。

英『BBC』によると、前倒しにはマンチェスターの2クラブとワトフォード、スウォンジー、クリスタル・パレスが反対し、バーンリーは投票を棄権。だが、改正に必要な3分の2にあたる20クラブ中14クラブが賛成したという。

これにより、来シーズンのプレミアリーグは開幕週の木曜に当たる現地時間2018年8月9日17時に移籍マーケットを閉じることとなった。だが、欧州の他のリーグでは8月末まで市場が開いている。プレミアリーグのクラブからの引き抜きが可能となる他リーグの動向が注目されるところだ。

http://ift.tt/2wOIPaA

続きを読む

フットカルチョ http://ift.tt/2wPx8R8

116
-
Rates : 0