コパ連覇のチリ、W杯出場逃す…ブラジルに完封負け、悲劇の6位転落

1

2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第18節(最終節)が10日に行われ、ブラジル代表とチリ代表が対戦した。

すでに首位での予選突破を決めているブラジルと、勝ち点「26」の3位で最終節を迎えたチリの一戦。ブラジルの先発メンバーには、デビュー戦となるGKエデルソンやダニエウ・アウヴェス、カゼミーロ、パウリーニョ、フィリペ・コウチーニョ、ネイマールといった面々が名を連ねた。

一方、勝てば本大会出場が決まるチリ。引き分け以下の結果に終わった場合は大陸間プレーオフ圏外の6位に転落して予選敗退となる可能性もある中、首位相手のアウェイゲームに臨む。先発メンバーにはGKクラウディオ・ブラボやガリー・メデル、アレクシス・サンチェスらが名を連ねている。アルトゥーロ・ビダルは累積警告により、出場停止だった。

【スコア】
ブラジル代表 3-0 チリ代表

【得点者】
1-0 55分 パウリーニョ(ブラジル代表)
2-0 57分 ガブリエウ・ジェズス(ブラジル代表)
3-0 90+3分 ガブリエウ・ジェズス(ブラジル代表)

http://ift.tt/2zdNQu6

続きを読む

フットカルチョ http://ift.tt/2yXcCh7

94
-
Rates : 0