U-17日本代表、宮代がPK弾も…フランスに1-2惜敗 決勝T進出は第3戦に持ち越し

1

U-17日本代表は、インドで開催されているU-17ワールドカップ(W杯)の第2戦で強豪フランスと対戦。後半26分までに2点を先行される苦しい展開となり、FW宮代大聖(川崎フロンターレU-18)のPKで1点を返すも及ばず1-2で敗れた。

日本は6-1と大勝した初戦ホンジュラス戦の試合終盤に負傷した主将のMF福岡慎平(京都サンガU18)を大事を取ってスタメンから外して臨んだ。序盤からフランスの身体能力に苦しむ場面が見られた日本は前半13分、センターサークル内からフランスの左サイドへ向けた斜めのボールに最終ラインが裏を取られ、相手FWグイリに突破されるとそのまま右足シュートを決められて先制を許した。

http://ift.tt/2ybuZQj

続きを読む

フットカルチョ http://ift.tt/2wOe84s

151
-
Rates : 0