岡崎、「驚き」の先発落ちも新監督に絶賛の声…「新たなフロント4が見事な手腕を証明した」

1

レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司は、クロード・ピュエル新監督体制の初陣となった29日のリーグ第10節・エバートン戦で2試合ぶりにスタメンを外れた。現地では「驚き」とも報じられたが、2-0と快勝したことで、指揮官の手腕が絶賛されている。

ピュエル監督が送り出したスターティングイレブンは、前節から二人が入れ替わった。システムは4-4-2から4-2-3-1となり、GKカスパー・シュマイケル、DFダニー・シンプソン、ウェズ・モーガン、ハリー・マグワイア、クリスティアン・フクス、MFビセンテ・イボーラ、ウィルフレッド・エンディディまで最終ラインから中盤の守備的な選手は同じ顔ぶれとなった。

しかし、ウイングには右サイドにMFデマライ・グレイ、左サイドにサイドバックが本職のDFベン・チルウェルと“自分の色”を出した。そして、右サイド起用が多かったMFリヤド・マフレズがトップ下に入り、ワントップのFWジェイミー・ヴァーディをサポートする役割となった。

http://ift.tt/2zOur2z

続きを読む

フットカルチョ http://ift.tt/2hlLjXy

124
-
Rates : 0