氷点下14度の「アジアな試合」を制し、U-18代表が全勝の予選突破

1

[11.8 AFC U-19選手権予選 U-18日本代表 2-1 U-18タイ代表 ウランバートル]

8日、モンゴルの首都ウランバートルにて開催中のAFC U-19選手権2018予選I組は最終日の第3戦を迎えた。2勝同士の対戦となった日本とタイの試合は、人数をかけて守りを固めるタイを日本が攻め切れない流れとなったが、後半にFW田川亨介(鳥栖)の2得点が生まれて日本が2-1と勝利。3戦全勝のグループ1位で来年にインドネシアで開催されるAFC U-19選手権本大会(U-20W杯アジア最終予選を兼ねる)への出場資格を得た。

当初からこの第3戦にベストの布陣をぶつける予定のチームマネジメントだった日本。スターティングラインナップはGKに大迫敬介(広島ユース)、DFが川井歩(広島ユース)、橋岡大樹(浦和ユース)、谷口栄斗(東京Vユース)、荻原拓也(浦和ユース)と並び、中盤は藤本寛也(東京Vユース)、伊藤洋輝(磐田U-18)、齊藤未月(湘南)に加えて負傷で出遅れて初先発となった杉浦文哉(名古屋U-18)、そして2トップは田川と安藤瑞季(長崎総合科学大附高)の九州コンビが入った。

http://ift.tt/2ztIeN8

続きを読む

フットカルチョ http://ift.tt/2yhthw4

137
-
Rates : 0