【クラブW杯】浦和、レアルとの対戦は叶わず…決定機をモノにできずアルジャジーラに敗れる

Samurai GOAL http://ift.tt/2jCWnkp 再三の絶好機を逃す展開に…。
 クラブワールドカップの準々決勝、浦和レッズ対アル・ジャジーラの一戦が12月9日(現地時間)、UAEのザイード・スポーツ・シティ・スタジアムで行なわれ、浦和は0-1で敗れた。

 浦和の先発は、GKに西川周作、DFは右から遠藤航、阿部勇樹、槙野智章、宇賀神友弥。中盤は1ボランチに青木拓矢が入り、両翼は右に武藤雄樹、左にラファエル・シルバ。インサイドハーフには柏木陽介と矢島慎也が起用された。1トップには興梠慎三が入った。

 

互いに慎重な立ち上がりを見せた試合は、浦和が徐々にペースを掴んだ。28分には、ビッグチャンスが訪れる。右サイドを突破した武藤がクロスを入れると、これに飛び込んだ興梠が至近距離からボレーシュート。しかし、シュートはワンバウンドしてゴール手前で大きく跳ね、クロスバーを越えてしまった。

 その後も相手を押し込んだ浦和だが、前半を0-0で折り返した。

 

浦和は後半、メンバー交代なくスタート。前半同様、ボールを支配するが、序盤に一瞬のスキを突かれる。52分、ロマリーニョのスルーパスからアリ・マブフートに抜け出され、そのままゴールネットを揺らされてしまう。開催国のアル・ジャジーラが先制した。

 

その後浦和は、先制して自陣に引き始めたアル・ジャジーラを押し込む。78分には高木のシュートのこぼれ球に反応した柏木がダイレクトボレーを放つが、相手GKの好守に阻まれる。

 89分には西川のロングフィードに抜け出した興梠が中央へ折り返すと、飛び込んだR・シルバがシュートを放つも、惜しくもゴールポストを直撃。浦和はまたもビッグチャンスを逃してしまう。

 

結局、浦和は1点差を追いつくことができず、0-1で敗戦。浦和は準々決勝で大会から姿を消した。浦和は12月12日に、ウィダード・カサブランカとの5位決定戦に回る。


http://ift.tt/2A6uPdi
11
 

続きを読む

112
-
Rates : 0