3連敗のインテル…指揮官はメンタル面の変化を求める「どんな相手でも戦えるが…」

1

インテルは27日、コッパ・イタリア準々決勝でミランに延長戦の末0-1で敗れた。ルチアーノ・スパレッティ監督は、ポテンシャルを最大限発揮できていないと語った。

伝統の「ミラノ・ダービー」となった準々決勝では、試合開始直後から激しい攻防が繰り広げられ、お互いのゴール前を行き来する展開となる。しかし、どちらもネットを揺らせず90分が終了。延長戦へ突入する。すると延長前半終了間際、途中出場の19歳FWパトリック・クトローネが決勝ゴールを挙げ、ミランが激闘を制して準決勝進出を決めた。

開幕から16日のセリエA第17節のウディネーゼ戦まで、公式戦17試合無敗を保っていたインテル。しかし、ウディネーゼ相手にホームで今季初の3失点を喫し敗れると、続くサッスオーロ戦でも得点を奪えず敗戦。そして「ミラノ・ダービー」でも敗れ、公式戦3連敗となった。

http://ift.tt/2E7XJME

続きを読む

フットカルチョ http://ift.tt/2pNLTUI

123
-
Rates : 0