インテル長友は相手エース封じの「貴重な存在」…伊紙が次戦先発復帰の可能性を示唆

1

インテルは5日に敵地でセリエA第20節フィオレンティーナ戦を迎えるが、イタリア地元メディアは日本代表DF長友佑都の8試合ぶりの先発確率について「45%」と予想する一方で、エースキラーとして抜擢される可能性も示唆している。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。

長友は2017年最終戦となった12月30日の本拠地ラツィオ戦(0-0)で、出番なしに終わった。右サイドバックのレギュラーを務めるDFダニーロ・ダンブロージオが故障で長期離脱しているが、ルチアーノ・スパレッティ監督は右にポルトガル代表DFジョアン・カンセロを、左にダビデ・サントンを配置。長友は11月5日の第12節トリノ戦での先発を最後に、リーグ戦では2カ月間出番を失っている。

http://ift.tt/2EXXzaQ

続きを読む

フットカルチョ http://ift.tt/2E7yHMM

143
-
Rates : 0