香川真司、新エースと「違った色を出せる」。4試合ぶり勝利をかみしめる

1

ボルシア・ドルトムントは現地時間2日、ブンデスリーガ第21節でケルンと対戦し、敵地で3-2の勝利を収めた。フル出場した香川真司は、4試合ぶりの勝利を喜んでいる。

ドルトムントが最後にブンデスリーガで勝ったのは12月16日のホッフェンハイム戦だった。その後は最終的にアーセナルへ移籍したFWピエール=エメリク・オーバメヤンのトラブルもあり、引き分けが続いていたところだ。

【スコア】
ケルン 2-3 ドルトムント

【得点者】
0-1 35分 ミシー・バチュアイ(ドルトムント)
1-1 60分 シモン・ツォラー(ケルン)
1-2 62分 ミシー・バチュアイ(ドルトムント)
2-2 69分 ホルヘ・メレ(ケルン)
2-3 84分 アンドレ・シュールレ(ドルトムント)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180203-00254395-footballc-socc

続きを読む

フットカルチョ http://ift.tt/2EC3GSy

121
-
Rates : 0