【J1】クルピ・ガンバに他クラブからも「大丈夫?」の声…

Samurai GOAL http://ift.tt/2o0FNMD
499: 2018/02/12(月) 08:09:21.95 ID:8pBCkoD20
クルピ・ガンバに他クラブからも「大丈夫?」の声… 主力組3戦連続ドローで指揮官も不満気味
2018年02月12日 飯間 健
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=35580

「シュート、クロスの数が足りていない」とクルピ監督。
no title

今季からG大阪を率いるクルピ監督。開幕までの2週間でチームをどう仕上げてくるだろうか。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

 ガンバ大阪は11日、沖縄2次キャンプの総仕上げとして浦和レッズと練習試合(45分×4本)を行なった。
3-2の勝利を収めたが、主力組が出場した90分間は1-1。沖縄での練習試合は3試合連続ドローに終わった。
そして結果以上に寂しいのは内容。
今季から就任したレヴィー・クルピ監督のキャンプ総括も厳しい言葉が並んだ。

「どの試合にも良いところ、悪いところはある。でも試合の中で”数字”として残っているものがあまりにも少ない。シュート、クロスの数が足りていない」

 1月20日のチーム始動から3週間。
『超攻撃』のスタイルを取り戻すべくスタートさせたが、トップチームは3試合で1得点しか挙げていない(京都戦、東京V戦ともに0-0)。
自分たちがボールを保持する時間帯を伸ばそうと狙っているが、守備に追われる時間の方が長くなっている。
浦和戦ではサブ組で調子の良かったDF米倉恒貴、17歳のFW中村敬斗、FWファン・ウィジョを主力組に抜擢。
だがファン・ウィジョの先制点もMF矢島慎也の浮き球のパスに抜け出しての得点で、複数の選手が連動して崩した形ではなかった。
東京ヴェルディ戦もシュートチャンスは2度。この日も2回だけ。
2試合連続でMF今野泰幸が欠場したというエクスキューズはあるものの、なかなか相手ゴールを脅かすまで辿り着けていない。

 クルピ監督のサッカーは選手個々の発想力を活かすのが特徴だ。
「サッカーで同じ局面は2度と起こらない」という信念を持ち、沖縄キャンプ中のミーティングも数えるほど。
守備での決まり事がいくつかあるだけで、それゆえに攻撃に移った際は、特に3ボランチが味方を探しているシーンが目立った。
チームとしての明確な形はほとんど見えず、視察に訪れた他クラブの関係者からは「ガンバさん、大丈夫?」という声も漏れ聞こえてきた。

 ただ指揮官は、こうも続けた。
「まだ戦術的なことは言っていない。要求するものが浸透するのは時間がかかるし、今は選手の見極めをしている段階だ」

 リスクを冒すタイミングの見極めや個々の意思の擦り合わせは、一長一短には構築できない。
選手個々の能力を把握することに重きを置き、本格的な戦術の落とし込みは大阪に戻ってからになりそうだ。
リーグ開幕までの2週間。
果たしてクルピ監督はどうチームを作り上げるのか、注目が集まる。

取材・文●飯間 健


続きを読む

100
-
Rates : 0