「ファンタスティック」C・ロナウドのオーバーヘッド弾 超ゴラッソにユーベサポも拍手喝采!【CL動画】

Samurai GOAL https://ift.tt/2GBOpBa no title

3日のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグ、レアル・マドリーは敵地ユヴェントス・スタジアムでのユヴェントス戦で3-0の快勝を収めた。この試合でオーバーヘッドキックによってゴールを決めたFWクリスティアーノ・ロナウドは、「ファンタスティックなゴールだった」と振り返っている。

C・ロナウドのバイシクルシュート

この試合の65分、時間が止まった。C・ロナウドはカルバハルが折り返したボールから空高く身体を投げ出して、オーバーヘッドキックを披露。右足でミートしたボールは、ユヴェントスDF陣、GKジャンルイジ・ブッフォンの誰も反応できず枠内に収まった。C・ロナウドはこの超ゴラッソについて、次のように振り返る。

「素晴らしいゴール、ファンタスティックなゴールだったね。こんなゴールを決められるなんて思っていなかったよ。だけど試合自体も素晴らしかった。ユヴェントスという強いチームを相手に、僕たちは3ゴールを決めたんだ。良いパフォーマンスを見せられたし、満足しているよ。本当に素晴らしい夜となった」

このオーバーヘッドキックには、ユヴェントサポーターも脱帽。ゴールが決まった直後、C・ロナウドに対して喝采を送り、同選手はそれに応じて感謝のジェスチャーを行なった。ホームチームの観客と相手チームの選手の間に、交感が起こったのである。

「信じられない瞬間だった。ユヴェントスファンにはグラシアス、いや、グラッツェと言いたい。ユヴェントスファンがしてくれたことは、とてもファンタスティックであり、本当に嬉しい。キャリアを通じて、一度もなかったことだ。幸せだよ」

34
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000001-goal-socc 
続きを読む

101
-
Rates : 0