◆日本代表◆ダバディ氏のハリル擁護記事が逆効果になってしまっていると話題に!

293: U-名無しさん@\(^o^)/ 2018/04/16(月) 12:16:10.24 ID:/oOMCJA5M
なにげに辛辣な記事

⇒ダバディだけが知る本当の「ハリル」。“鬼才”前日本代表監督との3年間。(Number)

 ハリルホジッチ監督が解任された。

 田嶋会長の会見を聞いた。

 東京五輪を見込んで、全員日本人で団結したかったということでしょうか。21世紀にしてその発想とは、虚しい。悔しい。

…(中略)…

「俺はべンゲル監督より下なのか!」
 私がハリルさんに用意していたホテルはサン=ジェルマン地区のプチホテル。

 対して、べンゲル監督は五つ星のパークハイアットに泊まっていた。

 それを知ったハリルさんに「俺はべンゲル監督より下なのか!」と怒鳴られたのだ。

 もちろん私は理性を持って彼を説得した。私の実家はまさにサン=ジェルマン地区にあり、パリっ子として、こちらが好みだからという主観で選んだんだと。

 しかし、彼のプライドはすごい。

 言い合いのなか、私も初めて冷静さを失って激しく反論したが、突如として彼は黙ってしまった。

 “今回の件は流すが、私はヴァイッド(ボスニア語では「唯一の」を意味する名前)だ! 俺をリスペクトしろ”、と暗に示すような重たい空気が漂った。

 確かに、彼はボスニアでは国民的ヒーローであり、フランスでもスーパースターなのだ。

 日本の人たちは、最後までそのオーラを理解しなかったと思う。サッカー文化や教養の違いだろう。

仕事の厳格さと、スタッフにかける圧力と。
 あの衝突以来、2人で喧嘩をすることはなかった。

 お互いを尊敬し合う残り2年間になった。

 そこでは、仕事に対する彼の厳格さと同時に、周りのスタッフにかける半端ない圧力を何度も垣間見た。

 通訳の樋渡群さんはそれに立派に耐えていたが、右腕のジャッキー(・ボヌベー/前日本代表コーチ)さんは喧嘩を重ねた末に疲れてしまった。

ハリルホジッチは、まさに鬼才だった!
 ハリルさんは鬼才。

 その情熱はまさに火の鳥だ。

 彼が怒りを持って飛んでいくと、ついて行く忠実なフォロワーたちも火傷をする。

 あの分厚い眉毛から稲妻が放たれ、雷が落ちる。

 温室育ちの日本人選手たちはその前で萎縮し、他の日本人スタッフにも猛獣使いのノウハウはなかったのだろう。

…(後略)…

引用元: 移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart10267


続きを読む

WorldFootballNewS https://ift.tt/2J0vkK7

107
-
Rates : 0