西野監督“迷走?”3バック採用も視野に入れ始めた様子

Samurai GOAL https://ift.tt/2ksgVfr キャプチャ
1   2018/05/25(金) 22:25:50.66 _USER9
サッカーの日本代表が親善試合ガーナ戦(30日・日産スタジアム)に向けた千葉県内での合宿は25日、5日目を迎えた。西野朗監督(63)は3バックについて「それも考えています」と明言。複数のシステム採用が考える中で、オプションの1つとして採用する可能性を示唆した。

 この日で26人全員が集結したが、コンディションにバラつきがあるため、3グループに分散して練習した。国内組8人で行った練習をではDFラインに左から槙野(浦和)、昌子、植田(ともに鹿島)が近い間隔で並んだ。

 練習前には西野監督は所属のフランクフルトでリベロとしてプレーする機会も多いMF長谷部(フランクフルト)と意見交換した。長谷部は「チームのやり方とかサッカーの戦術の話をした。監督がどう考えているかも話してもらった」と説明し、3バック併用案には「対応できると思います」と話した。

5/25(金) 21:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000160-dal-socc


続きを読む

105
-
Rates : 0