中島翔哉が振り返るW杯日本代表メンバー落選「ハリル監督体制なら…」

1

ポルティモネンセに所属するMF中島翔哉が、ロシア・ワールドカップの日本代表メンバー落選について振り返った。『オムニスポーツ』が伝えている。

昨季FC東京からポルティモネンセに加入した中島。欧州初挑戦となったが、リーグ戦29試合で10ゴール12アシストを記録するなど、ポルトガルの地で躍動した。

さらに、今年3月には当時のヴァイッド・ハリルホジッチ監督のもとでA代表に初招集。デビュー戦となったマリ戦では、後半アディショナルタイムに劇的な同点ゴールを決めるなど、代表での立ち位置をつかんだと見られていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00000018-goal-socc

続きを読む

フットカルチョ https://ift.tt/2Nr269v

22
-
Rates : 0