「褒められたことない」「冷淡すぎる」元“教え子”クラウチが明かしたニューカッスル指揮官ベニテス

1

日本代表FWの武藤嘉紀が所属するニューカッスルで辣腕を振るうラファエル・ベニテス監督は、一体どういう人物なのか? その人となりを元イングランド代表FWピーター・クラウチが明かしている。

2005年からの3年間、ベニテス率いるリバプールでプレーしたクラウチは、9月18日に発売となる自身の自伝本『How To Be A Footballer(フットボーラーであるために)』で、「素晴らしい監督だし、世界屈指のクラブで僕にチャンスを与えてくれた人物だ」と評しつつも、「冷淡すぎるんだ」と、その人間性を語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180912-00047168-sdigestw-socc

続きを読む

フットカルチョ https://ift.tt/2MnxW60

95
-
Rates : 0