パチューカ会長、本田圭佑の人間性を絶賛「大地震の際に真っ先に寄付。偉大な男だ」

1

パチューカのヘスス・マルティネス・パティーニョ会長は、昨シーズンまでクラブに所属していたMF本田圭佑を称えた。アメリカのスペイン語紙『ラ・オピニオン』が13日、報じている。

本田は2017年夏、イタリアの名門クラブであるミランとの契約を満了するとメキシコリーグ参戦を決意し、パチューカに移籍した。しかし加入直後にメキシコ中部でマグニチュード7.1の大地震が発生。本田は真っ先にサポートに名乗りを上げ、メキシコ赤十字社に50万ペソ(約300万円)の寄付を行った。地震が発生した2017年9月19日からまもなく1年が経つが、パチューカのマルティネス会長は今でも本田の行動に感謝している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00000013-goal-socc

続きを読む

フットカルチョ https://ift.tt/2xbJ1Bs

128
-
Rates : 0