長友佑都、試合中に呼吸困難もプレー続行を志願していた

1

肺気胸で入院中のガラタサライ(トルコ)DF長友佑都は24日の欧州CLシャルケ戦で呼吸困難に陥った際、プレー続行を志願していたようだ。

27日にトルコのスポルエクス電子版によると、長友は呼吸困難で倒れ込んだが、「心配しないで。大丈夫」と言ってプレーを続けたがった。これをチームドクターが却下し、選手交代を要求したという。試合後すぐに病院へ連れて行こうとすると、長友は「明日の朝、病院へ行きます」と答えたが、チームドクターは既に肺気胸を疑い、長友を説得して無理やり病院へ連れて行ったという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00374729-nksports-socc

続きを読む

フットカルチョ https://ift.tt/2Jkqb0I

96
-
Rates : 0