ヘタフェ柴崎岳、国内カップ戦で7試合ぶりに公式戦出場…決定機に絡む惜しい場面も

1

現地時間10月31日に開催されたコパ・デル・レイ4回戦、コルドバ対ヘタフェの一戦は2-1でヘタフェが勝利。日本代表の柴崎岳は69分からピッチに立ち、クラブでは7試合ぶりの公式戦出場を果たしている。

26分、DFブルーノ・ゴンサレスのオウンゴールで先制を許したヘタフェは、前半のアディショナルタイム、CKの場面でそのブルーノが今度は相手に振り回される形で倒され、PKをゲット。これをFWのハイメ・マタが難なく沈めて1-1の同点に追いついた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181101-00049670-sdigestw-socc

続きを読む

フットカルチョ https://ift.tt/2Rp92pi

119
-
Rates : 0