「クロップ時代を彷彿」「見ていて楽しい」 フンメルスが古巣ドルトムントを称賛

1

ドイツ王者バイエルンは現地時間10日のブンデスリーガ第11節でドルトムントとの大一番「デア・クラシカー」に臨む。この試合を前に、かつてドルトムントに所属したバイエルンのドイツ代表DFマッツ・フンメルスが古巣を称えるコメントを残した。ドイツ誌「キッカー」が報じている。

2008年から16年までドルトムントでプレーしたフンメルスは、今季リーグ戦無敗(7勝3分)の古巣が「良い段階に入っている」と評価。かつてドルトムントを率い、10-11、11-12シーズンとブンデスリーガ連覇に導いたユルゲン・クロップ監督(現リバプール監督)を引き合いに出し、現在の同チームは「クロッポ(クロップ監督の愛称)時代の最初の方を彷彿とさせるね」と述懐し、「見ていて楽しいよ」と称えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181109-00146779-soccermzw-socc

続きを読む

フットカルチョ https://ift.tt/2PQLKeV

7
-
Rates : 0