ドルトムント、宿敵バイエルン撃破 華麗な逆転勝利に監督も興奮「完全にクレイジー」

1

ドルトムントとバイエルンによる頂上決戦「デア・クラシカー」が現地時間10日に行われた。常に先行したのはバイエルンだったが、ドイツ代表FWマルコ・ロイスの2得点とスペイン代表FWパコ・アルカセルの決勝ゴールによってホームのドルトムントが3-2で逆転勝利を収めた。

ルシアン・ファブレ監督は「完全にクレイジーな試合」と試合を振り返った。クラブ公式サイトが試合後のコメントを伝えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00147095-soccermzw-socc

続きを読む

フットカルチョ https://ift.tt/2QyAvoE

6
-
Rates : 0