イニエスタが日本での半年間を回想。とりわけ印象深かったのはファン大熱狂のゴラッソ

1

アンドレス・イニエスタがヴィッセル神戸にやってきて、約半年が経つ。この世界的クラッキは、「自分にとって大きな変化でした。ここまでの時間はすごく濃厚なものだった」と、日本での生活を振り返る。

「このクラブに来てから、いろんな勝利や敗北を経験してきた。本当はデビュー戦と言いたいところだけど、負けてしまったのでビターな思い入れではあります。そう考えると、一旦スペインに帰ってから戻ってきた時の最初の試合。自分の初ゴールをファンの前で決められた、あの試合かなと思います」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181127-00050790-sdigestw-socc

続きを読む

フットカルチョ https://ift.tt/2FGOfwo

103
-
Rates : 0