ガットゥーゾ、ミランの苦しい展開からの勝利に安堵「チームは不安になっていたが…」

1

ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾは、29日のデュドランジュ戦終了後、イタリアメディア『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じ、勝利を喜んだ。

ミランは29日、ヨーロッパリーグのグループF第5節においてホームでデュドランジュと対戦。21分にFWパトリック・クトローネのゴールで先制したが、39分、49分に失点してルクセンブルク勢にリードを許す苦しい展開となった。それでもミランは盛り返すことに成功し、5-2で勝利を収めた。これによりミランはMF乾貴士が所属する首位ベティスと1ポイント差の10ポイントとなり、最終節でグループリーグ突破を懸けて3位のオリンピアコスと対戦することになる。指揮官のガットゥーゾはデュドランジュ戦を振り返った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000019-goal-socc

続きを読む

フットカルチョ https://ift.tt/2RmeKbW

133
-
Rates : 0