吉田所属のサウサンプトン、ヒューズ監督を不振で解任 後任にモイーズ氏らが浮上

1

サウサンプトンは3日、成績不振を理由にマーク・ヒューズ監督の解任を決断した。後任候補としてすでに複数の監督の名前が挙がってるが、英衛星放送「スカイ・スポーツ」はエバートンやマンチェスター・ユナイテッドの元監督、デイビッド・モイーズ氏が指揮を熱望していると報じている。

ヒューズ監督は今年3月にマウリシオ・ペジェグリーノ前監督の後任として招聘された。残留争いを17位で乗り切り、なんとかサウサンプトンを残留させた。新たに3年契約を結び直して今季に臨んでいたが、14節終了時点でリーグ最少の1勝(6分7敗)しか挙げられていない状況で、降格圏の18位に沈んでいた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181203-00151957-soccermzw-socc

続きを読む

フットカルチョ https://ift.tt/2rhlkoI

116
-
Rates : 0