これぞ“アーセナル式”! 足に鈴をつけての「ジングル・ベル」リフティングが大反響

1

今季からウナイ・エメリ監督が就任したアーセナルは、8月下旬から12月中旬にかけて公式戦22試合無敗を記録するなど、4位チェルシーと勝ち点37で並ぶ5位でクリスマスを迎えた。クラブ公式インスタグラムは、アーセナルの選手たちが足に鈴をつけ、クリスマスの定番ソングである「ジングル・ベル」をリフティングで演奏する動画を公開している。

22年間の長期政権を築いたアーセン・ベンゲル氏が昨季限りで退任し、ウナイ・エメリ新体制が発足。開幕2連敗を喫する厳しいスタートとなったが、そこから22戦無敗と怒涛の巻き返しを見せ、首位リバプールと勝ち点11差の5位につけている。

そんななか、アーセナル公式インスタグラムは24日、「クリスマスイブはアーセナルスタイルの『ジングル・ベル』」と1本の動画を公開。チェコ代表GKペトル・チェフ、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ、ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスら複数人が足に鈴をつけ、「ジングル・ベル」の曲調に合わせてリフティングパスを展開。曲の最後はスイス代表MFグラニト・ジャカが大きくボールを蹴り上げ、全員で歓喜のハイタッチを交わす内容となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181225-00156864-soccermzw-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2ReEAC4

11
-
Rates : 0