ベレーザMF長谷川、ドルトムント香川の皇后杯決勝観戦に感謝感激 「パニック状態」

1

なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部の日テレ・ベレーザは、1月1日に行われた皇后杯決勝でINAC神戸レオネッサを延長戦の末に4-2で下し、大会優勝とともにシーズン三冠を達成した。主軸の1人であるMF長谷川唯は、自身のツイッターで思わぬ人が試合を見てくれていたことを明かし、「#パニック状態」と綴っている。

リーグ戦4連覇、リーグカップ優勝を果たしたベレーザは、2018シーズン最後の一戦となった皇后杯決勝で、リーグ戦2位のライバルINACと激突した。前半42分に先制を許したなか、後半9分にFW植木理子が同点弾。同26分にMF籾木結花が勝ち越しゴールを奪った後、INACに追いつかれて延長戦に突入となったが、延長前半に籾木と今季リーグMVPのFW田中美南が得点を挙げ、4-2で逆転勝利を飾った。クラブとしては2007年以来となるシーズン三冠となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190103-00158839-soccermzw-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2s9w88N

115
-
Rates : 0