低調レアル、モドリッチが憤る「運の問題じゃない。多くの選手が本来のレベルにない」

1

6日のリーガ・エスパニョーラ第18節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・ソシエダ戦を0-2で落とした。MFルカ・モドリッチは試合後、自チームの低調ぶりが「運の問題ではない」と語った。

前節ビジャレアル戦ではドローゲームを演じたマドリーだが、今回のベルナベウでの一戦では開始直後にPKからビハインドを負い、同点に追いつけぬまま終盤にさらなる失点を喫して敗戦。アラベスに抜かれて順位を5位に落とし、同日にヘタフェを下した首位バルセロナに勝ち点10差をつけられている。

ベルナベウの観客は、自チームにブーイングを浴びせたばかりか、フロレンティーノ・ペレス会長の辞任すら要求するなど、大きな失望を覚えているようだ。そして試合後、ミックスゾーンに登場したモドリッチは、自チームのプレーや試合に臨む姿勢を正当化することなく、はっきりと声を上げた。自分たちの不甲斐なさに、憤りすら感じているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00010017-goal-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2Fc6AR2

86
-
Rates : 0