ソシエダ戦をスタンドから見守ったベイル、0-1の状況でスタジアム去る…自チームへの敬意不足?

1

現在負傷中のレアル・マドリーMFガレス・ベイルが、自チームの試合を最後まで見届けなかったことが話題となっている。

7日のリーガ第18節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・ソシエダ戦(0−2)、負傷離脱中のベイルはスタンドからレアル・マドリーを見守っていた。が、0−1ビハインドの状況だった78分に、なぜかベルナベウを後に。スペインのテレビ番組『チリンギート・デ・フゴネス』のカメラが、車に乗ってスタジアムを去る同選手の様子を捉えていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000027-goal-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2RI2beJ

89
-
Rates : 0