森保ジャパン主将の吉田、アジア杯初戦の辛勝に自戒 「僕たちへの警告にもなった」

1

森保一監督率いる日本代表は、9日に行われたアジアカップ初戦で3-2と辛勝。主将のDF吉田麻也は試合後のフラッシュインタビューで「簡単なゲームがないことが証明された。僕たちへの警告にもなった」と、厳しい表情を崩さなかった。

日本は吉田が「良い入りではなかった。相手の情報も非常に少なく、立ち上がりは非常に悪かった」と話したように、ボールを持ちながら相手ゴールに脅威を与えるようなプレーができずに時間が流れた。そうしたなかで、「相手のカウンター一発やラッキーパンチがないように」という思いとは裏腹に、前半26分に相手MFアルスランミラト・アマノフに約30メートルのロング弾を決められて先制点を献上してしまった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190109-00160620-soccermzw-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2QBYN0a

91
-
Rates : 0