「簡単なミスと硬さがあった」柴崎岳が新生日本代表初の公式戦での課題を指摘

1

9日に行われ、3-2で勝利したトルクメニスタン代表戦にフル出場を果たした日本代表MFの柴崎岳は、試合後に苦戦したこの一戦について振り返った。

試合を優位に進めながら、ミスからのカウンターで失点し、1点ビハインドの状況で折り返した前半について「前半…そうですね。なかなか縦パスを配球できても、スペースがちょっと少なかったのかなというのはあります。ちょっと簡単なミスももちろんありましたし、ちょっと初戦としての硬さもあったかなと思います。このチームで初めての公式戦ですし、またフレンドリーマッチと違った勝手があったかなと思っています」と森保一監督が就任してから初の公式戦ということもあり、チーム全体に硬さがあったと認めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000006-goal-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2VJBFAv

113
-
Rates : 0