ロティーナがカタールではなくJリーグを選んだ理由…「自国のフットボールに対する情熱が素晴らしい」

1

東京ヴェルディを2シーズン指揮し、来季よりセレッソ大阪を率いるスペイン人監督ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が、スペインメディアに対して日本での挑戦に臨むことを決断した理由を明かしている。

オサスナ、エスパニョール、レアル・ソシエダ、デポルティボ、ビジャレアルなどスペインの数々の名門チームを率いたロティーナ監督は、カタールのアル・シャハニアSCを指揮していた2016年に東京ヴェルディからのオファーを受け入れた。

スペイン『ムンド・デポルティボ』とのインタビューに応じた同監督は、日本行きを選択した理由を、次のように説明している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00010040-goal-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2QI1JZg

29
-
Rates : 0