武藤嘉紀、途中出場で今大会初出場も得点奪えず。「かなり難しい内容でした」

Samurai GOAL http://bit.ly/2D9jcGt
img_5195495f64ea9b8134a221bd165d915b216587

1: 2019/01/14(月) 10:28:50.21

【日本 1-0 オマーン AFCアジアカップ2019 グループステージ第2節】
 
AFCアジアカップ2019のF組第2節が13日に行われ、日本代表とオマーン代表が対戦。結果は1-0で日本代表が勝利した。

後半途中から出場した武藤嘉紀は「2点目必ず取らなくてはいけなかったですし、自分自身、最初のチャンスでパスを選択してしまったり、カウンターのワンチャンスでミスパスしてしまったりと、
まあ納得いくプレーではなかったですけど、次、必ずやれると信じてますし、ウズベキスタンどういうメンバーになるか分かんないですけど、まあやっぱ勝ちに行かないといけないですし」と自らのプレーについて振り返った。

チームは1点リードしている状況で「まあとどめを刺してほしいって方ですね」と追加点を狙う役割を期待されての出番となったが
「けど、少し一番難しい時間帯だったですし、チームとしても2点目取りに行くけどカウンターが怖いし、セカンドボールを取りにくくなっていたり、かなり難しい内容でした」と語った。

さらに「今日も麻也君に言われましたけど、プレミアリーグと思って当たっちゃったら全部ファウルになっちゃうから、そこはしっかり考えろって言われたので、それはその通りですし、
普段やってる強度でやると全てファウルになっちゃうんで、しっかりとそこを考えたうえでのプレーをしなくてはいけないのかなと思いました」とプレミアリーグとの違いという難しさもあったようだ。

現在のチームにとって武藤には大迫勇也に代わるオプションという役割も期待されている。
「大迫選手のよさっていうのはしっかり収めてそこからチームの流れを作れるだったり、
同じことは求められても人それぞれいいところ悪いところあるので、やっぱチームにしっかりと合わせて、また自分のよさってのを出して、それがチームの結果に結びつくのが一番いいと思う。
とにかく結果を出さなければ話にならないんで」と次の試合で代表通算3点目を狙う事を誓った。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190114-00304877-footballc-socc
1/14(月) 6:20配信


続きを読む

23
-
Rates : 0