槙野智章、リカバリーで記念撮影 日本代表戦士の“腹筋バキバキ”6ショット公開で反響

1

森保一監督率いる日本代表は、17日に行われたアジアカップ・グループリーグ第3戦でウズベキスタン相手に2-1の逆転勝利を飾った。初戦から3連勝でF組首位通過を勝ち取り、次のラウンド16でサウジアラビアと対戦することになったが、DF槙野智章(浦和レッズ)が自身の公式インスタグラムでリカバリーの模様を公開。代表戦士の鍛え上げられた肉体が「みんなバキバキ」「腹筋ヤバス!!」と反響を呼んでいる。

森保監督は第2戦からの大幅なメンバー変更を示唆したとおり、10人を入れ替える大胆な策に打って出た。GKはシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)、最終ラインに室屋成(FC東京)、槙野智章(浦和レッズ)、三浦弦太(ガンバ大阪)、佐々木翔(サンフレッチェ広島)を配置。ボランチに青山敏弘(広島)と塩谷司(アル・アイン)、2列目右に伊東純也(柏レイソル)、トップ下に北川航也(清水エスパルス)、左に乾貴士(ベティス)となり、1トップに武藤嘉紀(ニューカッスル)が入った。北川のみが連続スタメンとなった形だ。

試合は前半40分に先制を許す苦しい展開となるも、その3分後の同43分に武藤が同点弾を叩き込むと、後半13分に塩谷がA代表初ゴールとなる強烈ミドル弾。そのまま日本が逃げ切り、2-1で勝利を収めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00163186-soccermzw-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2ARh4BA

121
-
Rates : 0