<サウジは“中東のバルサ”>ボール支配率1年半負けなし、1次L脅威の71%「日本戦も同じだ」

Samurai GOAL http://bit.ly/2AVh97r
japan_16-800x533

1: 2019/01/21(月) 06:24:52.89

サウジアラビアから試合の主導権を握ることは容易ではない。1次リーグ3試合の平均ボール支配率は71・3%。出場24チームの中でダントツだ。
FWの頭を狙った一か八かのロングキックや守備の枚数がそろった敵陣へのドリブルは、彼らにとって愚の骨頂。パスを繰り返して敵陣に迫り、相手にチャンスを与えない戦術は脅威だ。

■1トップは身長168センチ

かつてスペイン1部バルセロナでプレーしたピッツィ監督は「我々のスタイルは変わらない。日本が相手でも同じだ」と不敵に笑った。
1トップの絶対的エースFWムワラド(24)の身長は168センチ。FW大迫のようなポストプレーヤーは必要としない。
一時期は身長170センチのFWメッシ(31)をセンターFWに据え、“ゼロトップ”と呼ばれたバルセロナのようなポゼッションスタイルを貫く。

■W杯で28年ぶり勝利

 ロシア、ウルグアイ、エジプトと対戦したロシアW杯でも全試合で支配率50%超えを記録した。エジプト戦では同65%と相手を圧倒し、W杯で28年ぶりの白星。
最後に支配率で相手を下回った公式戦は、ピッツィ監督就任前の17年6月までさかのぼる。約1年半、支配率に限れば負け知らずなのだ。

■「喜びを爆発させる日だ」

 ロシアW杯最終予選では日本と勝ち点1差の2位で3大会ぶりのW杯出場を決め、日本とは1勝1敗だった。ピッツィ監督は「この2か国のサッカーには多くの対戦の歴史がある。
我々は時に喜び、悲しんできた。あすは喜びを爆発させる日だ」と自信を示した。4度目のアジア制覇を狙う中東のポゼッション軍団が日本の行く手を阻む。(岡島 智哉)

 ◆サウジアラビア 中東の絶対君主制国家で首都はリヤド。国土の大半が砂漠に覆われている。原油埋蔵量は世界2位。面積は約215万平方キロ(日本の約5・7倍)。
人口は3228万人。公用語はアラビア語。18年10月、政府批判を繰り返してきた同国出身ジャーナリストのジャマル・カショギ氏殺害疑惑で世界から注目を集めた。

1/21(月) 6:13配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000011-sph-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190121-00000011-sph-000-view.jp


続きを読む

118
-
Rates : 0