森保ジャパン、難敵サウジを下して8強入り! 準々決勝でFIFAランク100位のベトナムと激突

1

日本代表は21日、アジアカップ2019ラウンド16でサウジアラビア代表と対戦した。

3戦全勝でグループFを首位通過した日本と、グループEを2勝1敗で2位通過したサウジアラビアが、ベトナム代表が待つ準々決勝進出を懸けて相まみえた。森保監督は、主力を温存したグループF第3節のウズベキスタン代表戦から先発10選手を変更した。

ゴールマウスは再び権田修一が守り、最終ラインに右から酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、長友佑都。セントラルMFを遠藤航と柴崎岳が務め、2列目は右から堂安律、南野拓実、原口元気を並べる。右臀部痛の大迫勇也がベンチスタートとなった1トップには、ウズベク戦からの連戦となる武藤嘉紀を起用した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00010015-goal-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2DoxOSl

88
-
Rates : 0