長友が森保Jに感じたユベントスとの類似点 「ボールを持てなくても勝つやり方がある」

1

森保一監督率いる日本代表は21日、アジアカップ16強でサウジアラビアを1-0で破った。フル出場したDF長友佑都(ガラタサライ)は、「いやあ、苦しい試合でしたね」と一言。その一方で、イタリアの名門インテル時代に王者ユベントスと対戦した時のことを引き合いに出し、「強いチームはやり方を変えて、ボールを持てなくても勝つやり方がある。それは日本の成長」と、手応えも語った。

サウジアラビアとの一戦は、前半から相手がボールポゼッションを高める展開になった。事前のスカウティングからある程度の想定はあったと各選手が話すなかでも、データ分析会社「オプタ」は公式ツイッターで日本のボール支配率が23.7%だったことを公開。それだけに長友も「今までないんじゃないですか、ここまで握られるのは」と、実感のこもった言葉を残していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190122-00164131-soccermzw-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2W5uIKm

99
-
Rates : 0