スカウティング通りのCKからの得点…吉田麻也、分析スタッフを誇る「日本人は緻密」

1

日本代表は、アジアカップ2019決勝トーナメント1回戦で、サウジアラビアに1-0と勝利した。試合後、主将の吉田麻也が試合を振り返っている。

この一戦では、日本は終始相手に主導権を握られる苦しい展開に。データ会社『Opta』によると、ポゼッション率は1998年ワールドカップ以降、主要大会では最低の「23.7%」となった。吉田はこれについて問われると「おお(苦笑)」と驚きを見せ、アジアのレベルの差が縮まっていることに危機感を持つ必要があると語った。

「非常にボール回しに長けていたと思いますよね。ボールをはめられない形で回すことができる選手とそのやり方を熟知してて、たぶんそれは前のオランダの監督と今のアルゼンチンの監督が好むスタイルなんじゃないかなっていうのはあると思う。メンバーも前の監督から多少変わってて、そういうことができる選手が好まれてるんじゃないかなって。ただ、やっぱりこういう結果を受けてアジアのレベルの差は縮まっているというのは感じたので、そこは僕ら危機感持たなければいけないところかなと。それでも、そういう難しい試合をセットプレーから点を取ってそこで終えれたっていうのは、選手と個が、個人とチームが成長するうえで非常に大事なところなんじゃないかなと思います」

「とにかく19番(ファハド・アル・ムワラド)の裏に抜けるスペースを気を付けること。クロスはそんなに怖くなかったんで、やっぱりそこのカウンターのところだけとにかく気を付けてましたね。あとは押し込まれた時のワンツーとかコンビネーション、真ん中から崩してくるっていうのは分かってたんで、そこをうまく対応できたのはよかったと思います」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00000042-goal-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2Hq98Nw

99
-
Rates : 0