耐え忍んだサウジ戦をベンチから見た乾貴士「この勝ちは大きいと思う」

1

日本代表MF乾貴士が、21日に行われたアジアカップ2019ラウンド16のサウジアラビア戦を振り返った。

2大会ぶり5度目のアジアカップ制覇を目指す日本は前半20分にCKから冨安健洋の代表初ゴールとなるヘディングシュートで先制。その後、とりわけ後半はサウジアラビアの圧力に押される展開に。最終的に23.7%というボール保持率となったが、身体を張った守備で得点を許さず、ベトナム代表が待つ準々決勝に進出した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00010019-goal-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2W6pZbv

121
-
Rates : 0