「ハラスメントに当たる行為」フランス選手会がラビオを“干す”PSGに警告

1

パリ・サンジェルマンのアドリアン・ラビオへの待遇は“ハラスメント”に当たるようだ。ナショナル・プロフェッショナル・フットボーラー・ユニオン(UNFP)が苦言を呈した。

今シーズンいっぱいで契約が満了を迎えるラビオに対して、PSGは契約延長オファーを提示するも退団を望む同選手はこれを拒否。23歳のフランス代表MFがバルセロナ移籍に近づくと一部で報じられるなど契約延長交渉はこのまま決裂し、PSGはこの報復としてラビオをファーストチームから外すことを決めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00000001-goal-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2UaTHtQ

110
-
Rates : 0