なぜ、ドイツで8年間も出続けられるのか。酒井高徳が持つ“無色”の魅力

1

どうしてブンデスリーガで8年間も出続けられるんですか?

これが、今回のインタビューで最初にぶつけた質問だった。失礼かも、と思いつつ、でも聞かずにはいられなかった。

酒井高徳のキャリアを振り返ってみると、意外にもJリーグの出場数は80試合に満たない。けれど、ドイツではリーグ戦だけでもその倍以上の188試合に出場している。ブンデスリーガにおける日本人選手の出場数は、長谷部誠の271試合、奥寺康彦の234試合に次いで、歴代3位にランクインする。

27歳の酒井はドイツで8シーズン目を迎えた。出場数を伸ばせたのは、単純に在籍年数が長いからなのか。それともキャプテンを任されるほどのリーダーシップを備えているから? もしくはドイツで戦えるだけの球際の強さを持っているから?……要因はいくつも考えられる。

でも、彼の“本当のすごさ”みたいなものを見逃しているんじゃないか。その答えを知りたくて、ストレートにぶつけてみた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00894514-soccerk-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2FJruqS

86
-
Rates : 0