日本代表、イランとの前半は緊張感のある白熱の展開に…0-0のまま勝負の後半へ

1

日本代表は28日、アジアカップ2019準決勝でイラン代表と対戦している。

2大会ぶり5度目の戴冠へ邁進する日本が、FIFAランキングでアジア最上位の29位に位置するイランと対戦。日本を率いる森保一監督は、1-0で勝利した準々決勝のサウジアラビア戦から北川航也に代えて負傷明けの大迫勇也を1トップで起用する1点を変更した。GK権田修一以下、最終ラインは右から酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、長友佑都を起用。中盤の底に遠藤航と柴崎岳を配し、2列目に右から堂安律、南野拓実、原口元気を並べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00010031-goal-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2RVANdM

106
-
Rates : 0