ラフプレーにも冷静だった吉田麻也…「次出られないのが一番良くないので」

1

28日、AFCアジアカップUAE2019 準決勝が行われ、日本代表とイラン代表が対戦した。試合はスコアレスで折り返すと56分、南野拓実のクロスに大迫勇也がヘディングで合わせて日本が先制。さらに、日本は67分にPKを獲得すると大迫が冷静に決めて追加点を奪う。後半アディショナルタイムには原口元気がダメ押しとなる3点目を決めると、イランの攻撃陣を完封し3-0で勝利を収めた。

キャプテンの吉田麻也は試合後、「ここで満足せずにもう1個勝って、次負けたら、せっかくの今までの努力が無駄になってしまうので。しっかりもう1個勝ちたいと思います」と早くも決勝戦を見据えていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00898964-soccerk-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2Wqrf9r

122
-
Rates : 0