中島翔哉のカタール移籍報道、その裏にある“思惑”を英紙が指摘

1

カタール1部のアルドゥハイルへの移籍が報じられるポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉に関し、英『ザ・サン』は「パリSGがファイナンシャル・フェアプレー規則(FFP)に沿って、日本の次世代のタレントを手に入れる方法を考え出した」と伝えている。

同紙によると、ポルティモネンセと2022年夏まで契約を残す中島は、カタールリーグ最高額の3000万ポンド(約43億円)でアルドゥハイル移籍が迫っているという。ただ、「取り引きが行われている理由の背後に、ある話が存在するかもしれない」とも指摘している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-23395250-gekisaka-socc
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000043-kyodonews-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2FU00iF

148
-
Rates : 0