大迫勇也は「不可欠な価値」 アジア杯優勝で一時帰国可能な“特例発動”と独サイト指摘

1

日本代表は28日のアジアカップ準決勝でイランを3-0で破り、2月1日に行われる決勝に駒を進めた。FIFAランキング29位とアジア最上位の難敵との一戦で2ゴールを決めたエースFW大迫勇也について、所属先ブレーメンの地元メディアは「オオサコが日本を決勝に導いた」と称賛。日本が優勝した場合は、一時帰国を許可するというクラブ関係者のコメントを紹介している。

5試合ぶりに先発復帰した大迫に得点が生まれたのは、後半11分だった。大迫のスルーパスを受けたMF南野拓実(ザルツブルク)が相手選手と接触した際に転倒すると、イランの選手たちは南野のダイブを指摘して主審に詰め寄る。しかし、南野はすぐさま立ち上がるとコーナーフラッグ付近まで転がったボールを拾い、ゴール前にクロスを供給。イランの守備陣は慌てて戻るも、陣形の崩れたスペースに入り込んだ大迫が頭で合わせてネットに突き刺した。

日本は後半22分、相手のハンドで得たPKを大迫が決めて2-0。同アディショナルタイムにはMF原口元気(ハノーファー)にもゴールが生まれ、今大会無失点だったイランから3得点を挙げて決勝に駒を進めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190130-00166986-soccermzw-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2TlLKST

121
-
Rates : 0