ヴァイグル、PSGへの移籍志願をドルトムント幹部に伝えていた…CB起用で残留を決意

1

ボルシア・ドルトムントに所属するMFユリアン・ヴァイグルは、1月にパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍する考えをクラブに伝えていたようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』のインタビューで明かしている。

2015年に1860ミュンヘンからドルトムントに加わったヴァイグルだが、当時指揮を執っていた現PSGのトーマス・トゥヘル監督の下ですぐさまボランチで定位置を確保すると、ドイツ代表からも声がかかるようになり、一時は「次のシャビ・アロンソ」とも呼ばれるなど評価が高まっていた。しかし、ルシアン・ファーヴル監督の下では負傷もありクラブが昨夏に獲得したアクセル・ヴィツェルやトーマス・ディレイニーとのレギュラー争いに敗れ、出場機会が激減することに。

そのため、「競技において、キャリアで一番辛いハーフシーズンを過ごした。調子が良くてもほとんんど起用されなかったのは決して良い気分ではなかった」と当時の心境を明かしたヴァイグルは、恩師の下に向かうことを検討していたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000027-goal-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2HHGAPH

111
-
Rates : 0