冨安は「ベルギーのレベルを超越」 シント=トロイデン監督が2年目の急成長を高評価

1

ベルギー1部シント=トロイデンの日本代表DF冨安健洋は、UAEで開催されたアジアカップで全7試合に出場し、世界的な注目度を高めた。1日の決勝でカタールに敗れて無念の準優勝に終わったなか、チームに帰還。マーク・ブライス監督は、合流後に冨安とかわしたやりとりについて、ベルギー紙「HLN」で明かしている。

冨安はベルギー挑戦2年目の今季、シント=トロイデンでレギュラーを奪取。それに伴い、ロシア・ワールドカップ後に発足した森保ジャパンにも招集され、昨年10月のパナマ戦(3-0)で19歳にしてA代表デビューを飾った。

そして、代表2キャップを刻んで迎えたアジアカップでは、グループリーグ初戦のトルクメニスタン戦(3-2)でボランチとしてフル出場すると、以降は本来のセンターバックでDF吉田麻也(サウサンプトン)の相棒を務め上げた。その活躍ぶりは世界にも伝わり、スペインの名門バルセロナは同クラブのアカデミー福岡校出身の冨安を「“バルサのルーツ”を持つ選手」と公式サイトで紹介したほどだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190205-00168723-soccermzw-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2DT69sV

116
-
Rates : 0