「彼らは必ず進化する」…かつて名古屋を率いた名将がベルギーでプレーする日本人選手の力量に”太鼓判”

1

ベルギー・リーグでプレーする日本人選手が、伊東純也がヘンクに加わったことにより、10人になった。この異例の事態に、現地でも驚きが広がっているようだ。

現地で高い評価を得ているのは、シント=トロイデン(STVV)に所属する日本代表の冨安健洋と、11ゴールを奪って得点王ランキング5位につけている鎌田大地だ。同局にも「冨安と鎌田はSTVVで美しいプレーを見せている」と称賛された。​​​

STVVにはほかにアジアカップに参加した遠藤航や、関根貴大、木下康介、小池裕太らが所属している。そして、シャルルロワには森岡亮太、オイペンには豊川雄太、セルクル・ブルージュには植田直道、そして「10人目のサムライ」となった伊東だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190213-00054088-sdigestw-socc

続きを読む

フットカルチョ http://bit.ly/2IcnD7M

165
-
Rates : 0